居抜物件とは

居抜物件をご存知ですか?居抜物件とは、店舗などの賃貸物件で、前に使用していた設備や什器などをそのまま譲渡する物件のことを言います。
居抜物件を賃貸・購入するメリットは、内装リフォームの施工費用を大きく削減できることや、短期間での開業が出来ること、さらには、以前からの顧客をある程度取り込める可能性があることなどが挙げられます。以前のオーナーが、移転ではなく廃業をしたり、まったく新しい形態・内装の店舗を別の場所で始める場合などに居抜物件は流通することが多いようです。
居抜物件のデメリットとしては、自分の思い描く店舗にする際に思ったよりも大きな変更が必要になった場合です。法律の改正や実際に営業を始めてみないとわからない不便さ・欠点などが浮上した場合、そこを直さなくては営業そのものに支障をきたすことさえ考えられます。
自分で一から考えて設計できる新規店舗でもないので、極力引渡し時点の造作を最大限に活かせる店舗設計をするようにしましょう。

デメリットもよく考えて

また、居抜物件の引渡しには造作譲渡料というものがかかることがあります。造作譲渡料は、以前は「権利金」などと呼ばれていたお金で、簡単に言うと前のオーナーから施設や内装などを受け取る際に支払うお金のことです。
これは大家さんに支払うのではなく、前オーナーに直接支払います。造作譲渡料は、格安または無料の場合もありますし、交渉によって下がることも多いようです。ですので、きちんと話し合いお互いに納得の行く価格にするようにしましょう。
また、前の店の内装や設備を引き継ぐ場合、前の店の顧客を取り込める反面、悪い評判も受け継ぐことになってしまうので、十分な下調べをしてから譲り受けるようにしましょう。
お店を開業するということは、非常にお金のかかることです。少しでも安く、少しでも早く開業したいという気持ちに応える形で居抜物件というものは存在しています。
しかし、安いものにはそれ相応のデメリットというものも存在します。残置物の程度とその価格が適正であるかを見抜くことは、素人には難しいものです。
ですので、居抜物件を購入・賃貸する場合には、必ず専門家を間に挟むようにしましょう。始めたい業種に詳しい人であれば、残置物に造作譲渡料が適正かどうかを判断する目を持っているはずです。
目先の安さだけに囚われず、安いものこそ逆にきちんと下調べをする必要があるはずです。居抜物件を上手に利用して、素敵な店を開業するために労を惜しまないようにしましょう。

居抜物件